プラスチック金型設計支援システム
TopSolid'Mold 7

概要

TopSolid'Mold 7は、成形品の3次元CADデータを活用して、射出成形、ブロー成形、ダイカストなどの金型を設計する金型設計支援システムです。成形品設計、キャビティ・コア設計、金型構造設計のすべてを3次元で行い、部品図や部品表は3次元データから自動で作成されます。

また、 TopSolid'Mold 7では、従来の3次元CADではレスポンスの問題で対応が難しかった、自動車のバンパーなどの容量が大きなデータでも、快適な作業を行えます。成形品モデル、金型の3次元モデル、2次元の金型組立図、部品図は相互に連動し、作業ミスの防止、設計工数の削減に貢献します。

さらに、3次元ソリッドCAD/CAMシステム TopSolid’Cam 7と連携することでツールパスを効率よく作成でき、設計変更時に形状を修正すれば、ツールパスに自動で反映され、手戻りやミスを防止することができます。
TopSolid'Mold 7の主な特徴
① 圧倒的な処理速度
  • 大規模金型データでも高速レスポンスで快適に作業
  • 高速投影による図面作成時間の短縮
  • ファイルの読み込み時間の大幅な短縮
  • 自動車のバンパーのように大型で複雑な製品のアンダーカット、肉厚、テーパーを瞬時に解析
  • パーティングラインに必要な最大外形を瞬時に抽出
② Easy to use, easy to learn
  • 直感的な操作
  • プレビュー表示による視認性の向上
  • 右クリックでのコマンド選択
③ 内蔵PDMによるデータの管理と利用
  • メーカーや部品タイプ、径など複数の情報から部品を検索
  • 作成日や製品名などのドキュメントのプロパティから過去の設計データを検索
④ 金型設計のすべての工程に対応
  • 成形品の修正からキャビティ・コア分割、型構造設計、2次元図面、部品表作成のすべての工程に対応
⑤ 干渉チェックをソリッドモデラ上に実現
  • あらゆる干渉チェックに対応
⑥ 強力な2次元設計製図機能を装備
  • JIS規格に対応した図面作成機能
  • 3次元モデルを利用し簡単に2次元図面を作成
⑦ 3次元CAD/CAMシステムTopSolid'Cam 7との連動
  • 部品毎の加工精度を読み取って、TopSolid'Cam 7で穴の種類を自動認識
  • 穴の加工精度ごとに異なる加工方法のツールパスを自動で作成
  • 成形品モデルを変更すると、ツールパスを自動更新
⑧ 製品モデルの変更ですべてのデータが更新
  • 製品モデルの変更で成形品、金型構造モデル、入れ子、ランナー、エジェクタピンの長さ、CAMデータのすべてが自動で更新
必要なシステム
資料請求

TopSolid 7シリーズ

TOPsolid v6シリーズ

セミナー情報

展示会 出展情報

なぜTopSolidか CAD/CAMは経営のツール 試作部・加工技術研究所 採用情報 導入事例 導入のチャンス
Copyright © KODAMA Corporation Ltd. All rights reserved.