2次元図面自動作成システム AutoDraw

概要

部品モデルから部品図を、アセンブリモデルから組図、部品図を自動作成。部品サイズから用紙サイズやレイアウトを自動判別。図面枠やレイアウトなどは自由にカスタマイズ可能。製図に関わる単純作業を自動化することで、より高度でクリエイティブな作業に専念していただけます。
特徴と機能
3次元データからの図面作成を飛躍的に省力化
AutoDraw
データ提供:ツインバード工業株式会社様
  • アセンブリ、部品モデルから部品図を自動作成
  • 正面図、側面図、アイソメ図などの投影図や断面図を自由にレイアウトし、テンプレートを作成
  • モデルのサイズから図面レイアウトサイズを計算し、適切な用紙サイズと尺度を決定
  • TOPsolid、TOPmold、TOPcamなどすべてのTOPsolidシリーズで作成された3次元モデルや、IGES、STEP、Parasolid、ACIS、CATIA(オプション)などの3次元CADデータに対応
  • 1つのアセンブリに対して2種類の投影方向することで、TOPmoldで設計した金型構造モデルなどからパーティングラインからの投影方向での作図が可能
  • プロッタ出力に対応するために、3次元アセンブリモデル上の色属性をペン幅に合わせて自動で変換
AutoDraw
AutoDraw
必要なシステム
資料請求

TopSolid 7シリーズ

TOPsolid v6シリーズ

イベント情報

教育セミナー

なぜTopSolidか CAD/CAMは経営のツール 試作部・加工技術研究所 採用情報 導入事例 導入のチャンス
Copyright © KODAMA Corporation Ltd. All rights reserved.